CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 答弁書 | main | CMカット問題 その後 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
CCCD総括
コピーコントロールCDを徹底的に総括する
ファンとアーティストを傷つけ、法制度面でも問題山積
http://www.asahi.com/tech/apc/041130.html

CCCDについて総括したアサヒパソコンの記事。
非常に読み応えのある良い記事だと思う。
法的な側面からの解説もきちんとされている。
コピーコントロールとアクセスコントロールの違いについては、これまであまりよく理解していなかったが、この記事の説明で理解できたところも多い。
また、津田氏による次の指摘は非常に興味深い。
音楽業界の最大の誤算は「CCCDが消費者に受け入れられる」と早合点したことだろう。日本の消費者の特徴の1つはクールさだ。フランスではCCCDを購入したユーザーが「カーステレオで再生できない」と訴訟を起こした。日本の消費者はこういう行動をあまり取らない。単純に「買わなくなる」のだ。

 「反対の声が少ないのは、受け入れられている証拠」と業界が思っているうちに、いつのまにか客が消え去っている――日本とはそういう市場だ。このことは重い教訓として記憶されるべきだろう。
| 音楽 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copyright.jugem.cc/trackback/354
トラックバック