CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 貸与権交渉決裂 | main | 日本出版学会出版経営研究部会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
対談 小寺信良×津田大介
ITmedia ライフスタイル:対談 小寺信良×津田大介(1)――「CCCDはみんながやめたいと思っていた」 (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0410/14/news041.html

とても勇気づけられる対談だった。
特に津田さんの次の発言。
津田:レコード会社的には、輸入権の問題がおこったとき、インターネットを利用した、まっとうな形での反対運動が盛り上がりましたよね。反発の仕方はいろいろでしたけれど、高橋健太郎さんらが先頭に立って附帯決議をつけたり、(還流盤ではない)洋楽の輸入盤を売れなくなったら輸入権を廃止するという口約束も取り付けました。

 あれにはレコード会社としても相当ヘコんだというか、「俺ら、こんなに嫌われてまで輸入権を推進したり、CCCDをリリースしたりすることはないいんじゃない?」という空気が生まれたみたいです。インターネット上の意見と大多数の意見はイコールではないですが、気にはなるみたいですよ。

BLOGで発言していくことが大事であることを、改めて感じた。
音楽に比較して、本に関する権利強化の動きに対しては、まだまだ反対の声は小さいが、繰り返し発言していきたいと思う。

本当に、次回が楽しみな対談記事だ。
| 音楽 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copyright.jugem.cc/trackback/308
トラックバック