CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< キャンディ・キャンディ | main | FREE CULTUREに見る日米の違い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
FREE CULTURE読んでいます
Free Culture
Free Culture
FREE CULTUREおもしろいです。
半分ほど読んだ所ですが、どんどん引き込まれていきます。
著作権強化の動きに対して反対のスタンスである私にとっては、「なるほど」「そうだそうだ」と思うところが多いです。

でも、気をつけなければならない点もあります。
それは、本書はアメリカ社会に向けて書かれていること。
本書では著作権について語っているが、あくまで米国の著作権制度と、その元となった英国での著作権制度(と言っても英国著作権制度のごく初期の頃)しか出てこない。
ベルヌ条約はほとんど無視されている。
米国の著作権制度はどうあるべきかを語っているが、それは米国国内の問題であるというとらえ方のようだ。
しかし、著作権制度はもはや国内だけの問題ではないはずだ。
ベルヌ条約をはじめとした国際条約を考慮せずに、著作権強化への反対を主張しても、それだけでは済まないのではないだろうか。

とはいえ、本書は著作権強化の動きへの反対の声を上げる際に参考になることが多く記されている。
残り半分も楽しみだ。
| | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copyright.jugem.cc/trackback/209
トラックバック