CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ファイル交換の影響 | main | 著作物再販協議会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
読書の楽しみ
私は本を読むのが好きだ。
最近は読む冊数が少なくなってきているが、学生の頃は本当に乱読していた。
少なくなったとは言え、今でも月に10冊程度は読んでいる。
ところが、最近は純粋に読書が楽しめなくなってきている。

その理由は、著作権の問題。

著作権についての作家達の発言を読み続けていると、だんだんと小説を読む気が失せてきて、最近はあまり小説を読まなくなっていた。(それでも月に1冊は読んでいると思うが)最近の読書の中心は、著作権関連書、新書、ノンフィクション、等に移っている。

ところが、先日たまたま買った小説(文庫本)を読み始めてみたら、ぐいぐい引き込まれてしまった。小説を読む楽しみを久しぶりに思い出した気がする。
やっぱ、面白い小説を読むのは楽しい。
私は、本を読むのが好きだし、純粋に読書を楽しみたいのだ。(念のために書いておくと、私は基本的に本は買って読みます。図書館で借りて読むことはほとんど無いです)

でも、最近は小説を読むことを純粋に楽しめなくなってきている。
それは、作家達が「著作権」というものを振り回し、読者を抑圧しようとしているからだ。
図書館で本を借りて読むのはダメだ。新古書店で本を買って読むのはダメだ。
そういう発言ばかり読んでいると、その様なことを言っている人の本を読む気が失せてくる。

本を読んで楽しんだり感動したりすると、その著者をリスペクトしたくなる。
でもその著者が、「著作権」を振り回して読者を抑圧しようとしていたら、リスペクトはできない。
この作家は著作権についてどう言っていたっけ、と注意しながら本を買ったり読んだりするのは、あまり楽しくない。

最近ミステリーを読む機会が減ったのも、ミステリー作家の著作権についての発言が大いに影響していると思う。
前はハードカバーで買ったりもしたけど、ミステリー作家がそんな考えなら読みたくないし、そういう人達の書いた本にお金を払いたくない、買うにしても文庫になるまで待とう、そう思うようになってしまった。

読書の楽しみを守りたいから、作家の読者を抑圧する発言に対して、異論を述べているのだけど。その結果、自分が読書を楽しめなくなってしまった。

私は本を読むのが好きだし、本を読んで楽しみたい。ただ、それだけなんだけど。

図書館で本を借りて読むことが、そんなに悪いことなのですか?
新古書店で本を買って読むことが、そんなに悪いことなのですか?

心ない作家の発言によって、私の読書の楽しみが少なくなってしまった。
| ひとこと | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copyright.jugem.cc/trackback/199
トラックバック