CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 初交渉 | main | キャラクター造形学科 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
学術雑誌の利用動向
Open Access Newsより
Other variables in citation impact
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2004_07_04_fosblogarchive.html#a108903901201913542

情報源のオンラインでの入手可能性が、研究行動にどのような影響を与えているかについての研究発表を紹介しています。

Open Access Newsの記事では次の3点を上げています。
(1) that journals are cited more often after they move online than before,
(2) that print-only journals are cited less often after competitors appear online than before,
(3) that "prohibitively expensive" journals, even when online, are cited less often than more affordable journals.

つまり、(1)オンラインで提供されている雑誌は、オンラインで提供される以前に比べて、引用頻度が上がっている、(2)冊子体のみの雑誌は、競合する雑誌がオンラインで提供されると、引用の頻度が下がる、(3)ひどく高価な雑誌は、オンラインで提供されても、購入しやすい雑誌よりも、引用の頻度が下がる、ということだと思います。
もうしばらくすると、来年度の外国雑誌の更新が始まりますが、この研究発表の特に(3)には注目したいと思います。
| 学術雑誌 | 22:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |