CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 貸与権のセミナーを開催しました | main | BBL World >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
漫画原稿流出事件
走る!漫画家〜漫画原稿流出事件
走る!漫画家〜漫画原稿流出事件
渡辺 やよい

マンガ健康流出事件の被害者で、漫画原稿を守る会の世話人の渡辺やよい氏が、事件の顛末を書いたのが本書。
一冊の本として面白く読んだ。(当事者は「面白い」ではすまされないとは思うが)
私はこの「漫画原稿流出事件」に関しては、傍観者としてのスタンスです。
所詮は出版社とマンガ家の間の問題であり、読者には関係のない事件だからだ。

しかし、出版社にしてもマンガ家にしても行政にしても「世界に誇る日本のマンガ文化」と言っているのなら、このお粗末な状況を改善することに力を注ぐべきではないのか?
漫画原稿を守る会の賛同者に名を連ねていることを理由に仕事の依頼を取り消された、というあるマンガ家の例が紹介されていたが、そのようなことで「世界に誇る日本のマンガ文化」などとは言ってはいけないと思う。

またマンガ家も「貸与権」の獲得とか、新古書店・マンガ喫茶対策よりも、もっともっと先にやるべきことがあるでしょう。「マンガ家の権利」というのは、読者に対して主張していくのではなく、出版社から勝ち取るものじゃないのだろうか。
| マンガ・アニメ | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copyright.jugem.cc/trackback/112
トラックバック