CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本では公貸権は導入されていないか
森智彦. 日本でも公貸権がすでに導入されているという主張の検討−公貸権についての理解を深めるために. 現代の図書館. Vol.42, No.2, p.124-130, (2004)

岡本薫氏や三田誠広氏による「日本でも既に公貸権は導入されている」という主張を検証した論考。
岡本氏らが言う既に導入されている公貸権とは、著作権法第38条の5に規定されている、映画の著作物の貸出に対する補償金の制度のことである。
38条の5の条文は以下の通り。
映画フィルムその他の視聴覚資料を公衆の利用に供することを目的とする視聴覚教育施設その他の施設(営利を目的として設置されているものを除く。)で政令で定めるものは、公表された映画の著作物を、その複製物の貸与を受ける者から料金を受けない場合には、その複製物の貸与により頒布することができる。この場合において、当該頒布を行う者は、当該映画の著作物又は当該映画の著作物において複製されている著作物につき第二十六条に規定する権利を有する者(第二十八条の規定により第二十六条に規定する権利と同一の権利を有する者を含む。)に相当な額の補償金を支払わなければならない。

森氏は、38条の5の規程が、補償請求権ではなく貸出許諾権であること、日本のビデオ補償方式が価格上乗せ方式であること、補償金を負担しているのが図書館であることなどの理由で、38条の5が公貸権ではないと結論づけている。
私は岡本氏らの主張には無理があると考えていたので、図書館研究者の側から、このような検証がなされたことは歓迎したい。
続きを読む >>
| 公貸権 | 20:26 | - | - |
JLAのスタンス
5月10日付けのエントリで取り上げた、ペンクラブとJLAの談合について、G.C.W.氏さんがJLAに対し質問のメールを送り、その回答が届いたようで、G.C.W.氏さんがその内容を紹介している。
JLAからの回答に関しては、特筆すべき点は無いが、ペンクラブの側も、JLAの側も交渉の場にいる人たちが、団体の意志とは関係なく、暴走しているのではないかと心配になってくる。
ペンクラブの側の交渉窓口の暴走ぶりは、三田誠広氏と秦恒平氏のサイトで知ることができたが、JLA側の理事がどのようなスタンスで交渉に当たったのかが、明らかにされていないのが、私の不安感をあおる。
JLAは「公貸権」について、反対なのか推進なのか、もっとはっきりと打ち出して欲しい。
| 公貸権 | 23:45 | - | - |
井上ひさし氏の英断
秦恒平氏のサイト闇に言い置く 私語の刻の5月17日付けの記述に、ペンクラブの理事会の様子が書かれていた。
またしても、公貸権について議題に上がったそうだ。
5月10日付けのエントリ
で触れた、ペンクラブとJLAとの会合の報告が松本侑子氏から行われたそうで、松本氏は「協会とペンとで推進の共同声明を出し、図書館側を大いに刺激すべし」と報告したらしい。
その報告に対し、ペンクラブ会長の井上ひさし氏が次のように語ったらしい。
「公貸権」問題については慎重であらねばと思う、海外にそれがあるから日本にもというような発想で事を急いだり強行したり図書館へ圧力をかけることには、賛成でない

私は井上氏をというかペンクラブを見損なっていたかもしれない。
三田氏のような意見ばかりを見てきたので、作家はみんなそのような考えの人ばかりだろうと思っていたが、本当はそうでは無いのかもしれない。そして、ペンクラブの会長がこのような意見なら、一部の作家の暴走も心配しなくていいかもしれない。
来年の著作権法改正案の中に「公貸権」が盛り込まれてしまうのではと心配していたが、ペンクラブの会長が慎重であるなら、そこまで一気には進まないと見て良いと思う。
むしろ注意すべきは、公貸権導入積極派のJLA理事の動向だ。
図書館で本を借りて読むことを、作家に対する「読書ハラスメント」だと言って、図書館利用者を貶めている糸賀氏は、ペンクラブが慎重であっても、公貸権導入を推進するのだろうか。
| 公貸権 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(3) |
ペンクラブとJLAの談合
三田誠広のHOMEPAGE「犬との別れ/その他」創作ノート305/09付けより
日本図書館協会の理事2名と、ペンクラブ広報室長松本侑子さんというメンバーで、公共貸与権についての共同声明準備会の第1回会合を開く。意見を交換し、引き続き議論を重ねて、文案をまとめることで合意。この共同声明が実現すれば、図書館と著作者の対立は解消される。

作家と図書館との密室の談合で、国民的議論のないまま公貸権が導入されるようなことにはなって欲しくない。
JLAは勝手に公貸権の導入を認めるべきではない。
財源はどこから出てくると思っているのだろうか。
はっきり言って、本が売れないのは、図書館のせいでも、新古書店のせいでも、漫画喫茶のせいでも、ケータイのせいでも、何でもない。
本が買うに値しなくなった、ただそれだけのことでしょう。
出版流通の問題だとか、出版契約の不備だとか、再販制度の問題だとか、もっともっと先に解決すべきことがあるんじゃないのか?
このままじゃ、本は自滅の道を進むだけだろう。
「誰が本を殺したのか」の犯人について、佐野眞一氏は読者を挙げているが、私はそうは思わない。
本が売れない原因をすべて他者のせいにしている出版界全体が、自分たちで本を殺しているだけだろう。それを読者に責任転嫁しているところが、佐野氏の限界だと思う。読者=消費者を育てるのも出版界がやるべきことだと思う。
図書館界が、出版界の自殺行為に荷担すべきではない。
| 公貸権 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
大学図書館にある「世界の中心で、愛をさけぶ」
田辺浩介さんの簡単な日記より。
今日の、思わずコーヒーを吹き出しそうに・・・(egamiday2)
でもよく考えれば、大学図書館を学外に開放していて、そういう本を積極的に置くところもあるんでしょうね。

こういう事例を見ると、公貸権は公共図書館だけでなく、大学図書館も対象になるんじゃないのかな。
図書館に関わる問題は、自分のところには関係ないだろう、と安心してはいられないということだと思います。
| 公貸権 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
公貸権導入方針
Yahoo Newsより
図書館本にも“著作権料” 著者に国が補償金支払い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040411-00000010-kyodo-ent

「貸与権の次は公貸権」と一部の作家達は言っていたが、それがその通りになりそう。
「公貸権」がどのような権利かもきちんと理解されていないで、このような動きが作られてしまうことに、非常に危機感を覚える。
| 公貸権 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本図書館協会の見解
日本図書館協会が3月5日付けで「図書館における貸与問題についての見解」を出した。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jla/kenkai/taiyo.pdf(PDFファイル)
時期が時期だけに、貸与権の問題についてのものかと思ったら、そうではなく、公貸権の問題だった。見解の内容はそうおかしいものではないかもしれないが、タイミングがタイミングだけに、貸与権についての意見表明でなかったことに対する失望の方が大きかった。
| 公貸権 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
衆議院予算委員会第1分科会
MLで教えてもらったが、昨日、衆議院予算委員会第1分科会で公貸権についての質疑がなされたそうです。
質問者は民主党の高山智司衆議院議員

質疑の様子は、衆議院ビデオのビデオライブラリで見ることができました。
http://www.shugiintv.go.jp/ref.cfm?deli_id=22650&media_type=wb

高山議員の質疑は30分程度で、公貸権というか、クリエーター保護については23分ぐらいから出てきます。
続きを読む >>
| 公貸権 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
続・情報基盤としての図書館
根本彰氏の「続・情報基盤としての図書館」(ISBN:4-326-09829-5)を読了。
第1章の「ベストセラー提供と公貸権について考える」は、ここ数年の公貸権をめぐる議論を冷静に概観するとともに、出版11社の会が行った調査を元に考察を行っており、お勧め。
「公貸権」について考える上で、参考になる。
少なくとも、糸賀氏のように「読書ハラスメント、読ハラ」等という言葉をつかって、図書館及び図書館利用者が出版社や作家をハラスメントしているという暴論は出てこない。
公貸権の議論を行う際には、図書館学研究者の代表としては、糸賀氏ではなくて、根本氏に出てもらいたい。
続きを読む >>
| 公貸権 | 21:12 | - | - |
| 1/1PAGES |