CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
図書館サービスと著作権
図書館サービスと著作権 (JUGEMレビュー »)
日本図書館協会著作権委員会
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
岡本薫氏の最新刊
この1冊で誰でも分かる著作権―情報化・コンテンツ・教育関係者のために
この1冊で誰でも分かる著作権―情報化・コンテンツ・教育関係者のために
岡本 薫

文化庁著作権課前課長の岡本薫氏の最新刊。
本書は、1997年にマルチメディア時代の著作権」という題で出版され、後に「インターネット時代の著作権」と改題された著作権解説書の最新版でもある。
まだ半分程度しか読み終わっていないが、重要な変更点があったのでそれについて指摘したい。
それは2004年版までサブタイトルにあった「もうひとつの「人権」」というのが無くなったこと。

岡本氏はこれまで「著作権は人権だ」と言い続けていたが、2003年に出版した「著作権の考え方」のあたりから、「著作権は人権だ」とはいわなくなったが、昨年出版した2004年版の「インターネット時代の著作権」では、やはり「もうひとつの「人権」」というサブタイトルがついており、「著作権は人権だ」との

しかしその「インターネット時代の著作権」の2005年版にあたる「誰でも分かる著作権」でついに「著作権人権論」を捨て、インセンティブ論に立脚することになった。
(ただし、2004年版では人権論とインセンティブ論の両論併記、「著作権の考え方」でもインセンティブ論を用いているので、急にスタンスを買えたのではなく、徐々にスタンスをずらしていったのではないかと思う。)

しかしながら、前半を読んだ印象では、これまでの岡本氏の主張と大きく変わらないように感じた。

前に「著作権の考え方」を読んだ時には、岡本氏がそのスタンスを大きく変えたのでは、と思ったが、それは人権論を唱えなくなったという、表面的なところに目がいってしまったからだと思う。

多分岡本氏にとって、著作権は人権であろうとインセンティブであろうと、大した問題ではないのだろう。
そう思って見ると、岡本氏のスタンスは終始一貫してる。

でも私は、その岡本氏のスタンスに賛同することはできない。
少々時間がかかるとおもうが、今後岡本氏のスタンスを批判していきたいと思う。
| 著作権 | 00:08 | - | - |
新聞著作権協議会
MLで教えてもらいましたが、新聞著作権協議会のサイトができていました。
新聞著作権協議会
http://www.ccnp.jp/

新聞著作権協議会が設立されて2年半、やっとサイトができました。
| 著作権 | 23:39 | - | - |
意思表示システムの落とし穴
11日付けのエントリで「クリエイティブ・コモンズ」の目次に著作権があると主張していることについて言及したが、これは「意思表示システムの落とし穴」にはまってしまった例だと思う。
同じように「意思表示システムの落とし穴」にはまった例として、文化庁のサイトがある。
文化庁では、著作権についての意思表示システムとして「自由利用マーク」を推進しており、文化庁のサイトのコンテンツにも積極的に「自由利用マーク」をつけている。
そして「著作権法」や「著作権等管理事業法」のページにも「自由利用マーク」をつけている。
しかし「自由利用マーク」をつける時の注意事項のチェックポイントの1番目に「あなた自身が創った著作物ですか」とあるが、「著作権法」も「著作権等管理事業法」も文化庁が創った著作物ではない。
これについては、2年前に文化庁に公開質問状を送付しているが、未だ返事はもらっていない。)
今回、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンも文化庁と同じ過ちをしてしまった。
続きを読む >>
| 著作権 | 22:12 | - | - |
裁定制度
Yahoo!ニュース - 社会 - 時事通信
著作権者不明時の広告、HPでOK=法運用を緩和−文化庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050302-00000618-jij-soci
文化庁のサイトで確認してみたら、次の資料が掲載されていました。
著作物利用の裁定申請の手引き(PDF)
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosakubutsu_riyo.pdf

時事通信の記事は、このガイドの4ページの「著作権者と連絡する方法の具体例」の中の
インターネットのホームページ又は新聞・雑誌等への広告掲載による調査
注)なお、調査は次頁のア又はイのいずれか一方の方法で結構です。

の部分を取り上げたもなのでしょう。
このようなガイドが整備されたことは良いことだと思います。


NIKKEI NET:社会 ニュース
文化庁、権利者不明の著作物の利用条件緩和
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050302AT1G0202302032005.html
| 著作権 | 22:51 | - | - |
INFOSTA複写権問題検討会
第6回複写権問題検討会 著作権行政の今 - 法改正の課題と展望 -
http://www.infosta.or.jp/oshirase/fukushaken.html

複写権の問題に積極的に取り組んでいるINFOSTAが文化庁著作権課吉川課長の講演会を開催します。

出席して、質問攻めにしてみようかな。
| 著作権 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
文化審議会
文化審議会著作権分科会(第15回)の開催について
http://www.bunka.go.jp/1osirase/bunkasingi_chosakubunka_15.html

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第1回)の開催について
http://www.bunka.go.jp/1osirase/bunkasingi_chosaku_housei1.html

第14回の著作権分科会に出された著作権法に関する今後の検討課題に基づく検討が始まるようです。
| 著作権 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
DRM
EU、デジタル著作権管理技術の乱用を懸念 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20080599,00.htm?ref=rss

メモ。
| 著作権 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界情報通信サミット2005ネット会議
日経新聞主催の「世界情報通信サミット2005」。
世界情報通信サミット2005
http://www.nikkei.co.jp/summit/

ネット会議の「会議室B デジタル@ホーム」では、結構面白い議論もなされています。

ネット会議
http://www.nikkei.co.jp/digitalcore/online2005/
| 著作権 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
知的財産推進計画のパブコメのメモ
「知的財産推進計画2004」の見直しに関する意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pc/comment2_f.html
なかなかパブコメ提出の準備ができないでいるが、残り時間も少なくなってきた。
とりあえず、メモ。

出版ニュース2月上旬号の出版界スコープに、日本出版クラブ新年名刺交換会での出版各団体首脳の年頭所感が紹介されている。その中の、日本書籍出版協会理事長の浅倉邦造氏の年頭所感の中に次のようにある。
また、出版界の宿願である「出版社の権利の法制化」は「知的財産推進計画2004」の検討課題のひとつとして取り上げられておりますが、現状では、経済界の反対を覆すまでには至っておりません。引き続き、関係各方面のご理解を得るための努力が必要です。
とりあえず、「出版社の権利」にだけでも反対しておかないと。
| 著作権 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
久しぶりにCMカット問題
著作権情報センターが発行している「コピライト」誌の2005年1月号のニュース欄でCMカット問題が取り上げられていた。
CMカット録画の問題点を研究「放送内容変わる」(民放連会長)
コピライト. 2005年1月号. 61-62頁

コピライト誌に掲載された民放連会長の発言は以下の通り。
放送局は放送番組の著作権と著作隣接権を持っており、放送されたものと録画されたものが同一であることを求めたい。録画の際、機械が自動的にCMを飛ばし、放送内容と変えてしまうことはいかがなものかという意見もある。民放連ではどういった問題があるかを研究している。著作権の問題、今後の技術の進展など問題は多岐にわたると思う。

上記の発言は民放連のサイトに掲載されている内容をまとめたものと思われるが、特筆すべき点は無い。
私としては、著作権情報センターのこの発言に対する見解を聞いてみたいと思う。
| 著作権 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/13PAGES | >>